【ビジネス応用基盤をマルっと理解】ハイパーレッジャーとその他の分散台帳技術

Description
【スピーカー】
斉藤 賢爾 (ブロックチェーンハブ Chief Science Officer):
18年以上に渡りP2Pネットワーキング及びデジタル通貨等の研究に従事。慶應義塾大学SFC 研究所上席所員・環境情報学部 講師(非常勤)。山形大学客員教授。早稲田大学大学院経営管理研究科講師(非常勤)。一般社団法人ビヨンドブロックチェーン代表理事。一般社団法人自律分散社会フォーラム副代表理事。博士(政策・メディア)。主な著書に「信用の新世紀 ブロックチェーン後の未来」(インプレスR&D) 等。

【主催】
株式会社ブロックチェーンハブ https://www.blockchainhub.co.jp/

【対象】
・ ハイパーレッジャーやその他の分散台帳技術を 90分で知りたい技術者やビジネスパーソン
・ブロックチェーンを使った事業や技術開発を検討している、またはこれから検討する方

【内容】
Linux Foundation にて複数のオープンソース開発が進行中の Hyperledger プロジェクトをはじめ、R3CEV による Corda、IoT 用マイクロペイメントシステム IOTA のための基盤 Tangle 等、業務用分散レッジャー (分散台帳) の開発動向について、公開されている情報の範囲から読み解いていきます。

適宜インタラクティブに質疑応答いただける勉強会です。
レクチャー終了後に使用した資料はブロックチェーンアカデミーのサイトからダウンロードいただけます。
https://www.blockchainacademy.jp/

【ブロックチェーンアカデミー・基盤技術のラインナップ 】
斉藤賢爾による技術に関する勉強会は全7回を予定しており、本勉強会は第5回目になります。お好きな回だけ選んで受講できます。

1/23 全体像を90分で掴む!ブロックチェーン技術概論
1/30 仮想通貨の原型を知る ビットコインの技術
2/6 ブロックチェーンの応用基盤 イーサリアムの技術
2/13 トークンの設計からシェアリングエコノミーまで スマートコントラクト
2/20 ビジネス応用基盤をマルっと理解 ハイパーレッジャーとその他の分散台帳技術
3/20 ブロックチェーンの課題を乗り越える ビヨンドブロックチェーン基礎(仮)
3/27 限界を超えたとき、 初めて見えるものがある ビヨンドブロックチェーン応用(仮)

【お申し込み】
peatixもしくはconnpassよりお申し込みください。
https://blockchainacademy20190220.peatix.com/
https://blockchainhub.connpass.com/event/116818/

【キャンセルについて】
2/17(日)18:00以降のキャンセルはお受けいたしかねます。ご了承ください。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#405748 2019-01-31 02:42:30
Wed Feb 20, 2019
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 ¥3,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Feb 19, 2019.

Venue Address
中央区日本橋本町4丁目8 番16号 千城ビル 5 階 Japan
Organizer
ブロックチェーンアカデミー
1,410 Followers